中川繁夫の写真と文章

中川繁夫の写真と文章です。

2018年11月

フォト-4-

フォト-4- 天塚古墳 2018.9.14
_20180914_145200
_20180914_145218
_20180914_145235
_20180914_145248
_20180914_145307
_20180914_145412
_20180914_145431
_20180914_145447
_20180914_145502
_20180914_145518
_20180914_145532
_20180914_145550
_20180914_145604
_20180914_145625
_20180914_145643
_20180914_145129
_20180914_145143


フォト-3-

フォト-3- 蛇塚古墳 2018.6.17
_20180617_141459
_20180617_141517
_20180617_141534
_20180617_141550
_20180617_141605
_20180617_141619
_20180617_141634
_20180617_141650
_20180617_141440

フォト-2-

フォト-2- 御室仁和寺 2018.11
_20181108_144751
_20181108_144811
_20181108_144852
_20181108_144911
_20181108_144925
_20181108_144941
_20181108_144957
_20181108_145047
_20181108_145106
_20181108_145136
_20181108_145206
_20181108_145222

フォト-1-

フォト-1- 嵐山
_20181102_151835
_20181102_151856
_20181102_151912
_20181102_151929
_20181102_151953
_20181102_152022
_20181102_152051


フォト日記-6-

_20181124_135311
紅葉と書いて<もみじ>と読んで、紅葉と書いて<こうよう>と読みます。
紅葉が紅葉していると書いて、もみじがこうようしている、と読むみます。
ややこしいったら、日本語ってややこしいですね、ややこのこしまきです。
もう真っ赤のもみじ、これは光悦寺で撮ったモミジですね、紅葉です。
春は桜、秋は紅葉、期間限定だから、もてはやされるんですかね。
美意識ってのがあるますが、この美意識をくすぐってくるんですね。
小説も、この美意識を擽ることを意識しないと、日本文学じゃないですね。
耽美というか、捩れた美意識を感じさせたいと思うわけです。
近年なら、緊縛とか、性の趣向にかかる表現が、底流にあると思うんです。
内海淡水の名で書く小説は、やっぱり耽美派であり浪漫派に属していくのかな。
日本語で書くという制約があるし、字を見て読んでみて、感じる情欲ってもの。
情欲を感じさせることを描く、というのは禁句にを破るという行為ですね。
ぼくは、文学のとらえ方、自然主義から始まっているけれど、いまは耽美主義ですかね。

フォト日記-5-

_20180827_131406
今日が祝日で土日だから、サラリーマンは三連休だといっています。
小生なんかはもうサラリーマンじゃないから、休みは関係なしだ。
しいていえば毎日が休みのようであり、仕事をしている感じです。
ここの小説は、少しお休みして、こんな日記でつないでいます。
あまり魅力のないブログだと思っています。
金閣寺へ行ったのは夏の終わり。
いまどき金閣寺、やっぱり京都を代表する観光スポットですね。
ひところは観光に来た女人を撮っていたが、いまは撮っていません。
ダウンロードするけれど、ここには使っていません。
自分のしていることが、欲求解消のためだとも思っています。
では、また。


ギャラリー
  • 写真集<京都>1-3-
  • 写真集<京都>1-3-
  • 写真集<京都>1-3-
  • 写真集<京都>1-3-
  • 写真集<京都>1-3-
  • 写真集<京都>1-3-
  • 写真集<京都>1-3-
  • 写真集<京都>1-3-
  • 写真集<京都>1-3-
  • 写真集<京都>1-2-
  • 写真集<京都>1-2-
  • 写真集<京都>1-2-
  • 写真集<京都>1-2-
  • 写真集<京都>1-1-
  • 写真集<京都>1-1-
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ