_20190412_124859
<はな>と<小説>のホームページ
毎年、だいたい同じ場所で、桜の写真を撮っています。
掲載の枝垂れ桜は上品蓮台寺のモノで、まだ若くて人の背丈くらいです。
ここは、自宅から徒歩で十分とかからない、千本鞍馬口を上がったところです。
千本通りの上立売には釘抜地蔵尊、寺の内上がったところには千本えんま堂。
そのあたりから北一帯を蓮台野と呼んでいたといい、京都の野晒し墓場のひとつです。
そういえば墓場には桜が、それも著名な桜が、けっこうありますね。
安吾の小説にもありましたね、たしか桜の樹の下には・・・・、という小説でした。

千本通りというのも、この千本は塔婆の数とも桜の数とも、桜のほうがいいですね。
ちょうど昔の京都の町、一条通りより北になって、鷹峯まで登りになります。
千本北大路から北、佛教大学とか旭丘中学があるあたりが、野晒しの場ですかね。
そのころから桜が咲いていたとは思えないけれど、桜と野晒しなんて小説的です。
桜といえば、多くの写真家が手掛ける被写体のひとつです。
艶やかさとか、情緒に似合うとか、いろいろな意味あいが奥にありますけれど。
でも、日本画にも多く描かれている桜ですから、それも含めての京都の桜です。
現代表現研究所HP