_20190314_143512
中川繁夫のホームページ
午後から街中へカメラを持って徘徊してきました。
浄福寺という南北の通りがあるんですが、浄福寺というお寺があるんです。
その前の通りを浄福寺通りと説明の余地がないほど明確な通り名です。
釘抜地蔵を起点に、上立売通から浄福寺通に、雨宝院に寄り道、撮影。
そこから南下して、今出川通りを越えて、浄福寺の境内に入って、南門から出る。
西陣京極の一条からの入り口があって、撮影目的の其処へ入りました。
半世紀前の面影はほとんど残っていませんが、飲み屋がけっこうあります。
千本中立売へ出てきて、南下しようかと思ったが、其処で撮影を打ち切りました。
北野天満宮へ寄って、梅を数枚、インスタにアップして、帰還しました。
やっぱり、撮影を続けて、現役を続けていかないと、人前に出られないですから。
いま、何をしているのか、何を撮っているのか、何をしようとしているのか。
それらを考えながら、現役を継続しているつもりです。
では、また。
京都のホームページ