_20190220_155207
中川繁夫のホームページ
花山天皇陵というのが自宅から一番近い御陵です。
紙屋川の西側、鞍馬口より南になる処に、この御陵があります。
昨日、今日載せる写真がないので、帰り道に立ち寄って、撮影したところです。
これまでにも、何度か撮影している処なので、新鮮味はありませんが、この通りです。
天気が、晴れなら、バックが青空になるし、曇りだとダークな真っ白になります。
その場に居合わせたときの気象条件で、写ってくる光景が違うわけです。
撮影は、一回限りではなくて、何度も行き慣れることで、分かることもあります。
自分の感性にしっくりとはまってくる、といえばいいのかも知れないです。
気に入った場所だから、継続して、撮影できる、ということも言えますから。
自分への納得、というところで折り合いをつけていきます。
フォトハウス表現塾HP