_20190201_153305
中川繁夫のホームページ
ここに日本寫眞記を連載していましたが、そのシリーズ、(1)と(2)を終えました。
もくろみとしては、日本歴史が始まる前後のイメージを追っていて、今につなげること。
殺風景な風景の連続で、色艶を表す赤系が少ないので、うんざりしていました。
天があり、地があり、水があり、そこに人がいて、自然から感じる情というもの。
今は、人間が創りだした道具で、そういう自然に触れる生活はあまりしていません。
いいえ、感覚が、そのことを感知しない、いいえ、意識しない、ということでしょうか。
プリミティブな、といえばよろしいか、原始の環境における人、人間の意識ですね。
そういうところに興味を持ちだして、原始の感覚を探ろうと思っていたところです。
寫眞という静止画で、視覚に訴えるわけですが、そんなん無理や、といわないで。
試みとして、何を感じるのか、感じたとして、伝えることができるのか、交感、共有。
難しいですね、たぶん、そういう試みが、不能な時代なのかも知れませんね。
フォトハウス表現塾HP