寫眞と文

中川シゲオの寫眞と文章です。

日記190320

_20190320_155502
フォトハウス表現塾HP
平野神社の魁(さきがけ)が咲き始めました。
まだ他の桜が眠っているのに、さすが魁桜、早いですね。
嵯峨釈迦堂から野宮神社を巡ってきました。
その帰りにセブンの店でケーキを二つ買ったところです。
平野神社を通って帰るのですが、そう、魁が咲いていたのです。
昨年の台風で大きな被害を受けられた平野神社です。
そこに、今年も桜の季節がやってきた、というところですね。
桜の話は、おめでたい話です。
中川繁夫のホームページ

日記190319

_20190319_135840
中川繁夫のホームページ
さくらの季節というのは、気分が楽です。
写真の被写体としてさくらを撮ろうと思うからです。
つまり目的がはっきりしてるから、迷うことがない。
何を撮ろうかということが、普段は自分の中で問題になります。
悩むわけです、何を撮ろうか、と迷うわけです。
意味ある被写体を探して、撮っていくわけですが、この意味が問題。
さくらはその点、テーマの論点がはっきりしている部類です。
いよいよさくらの季節になってきて、今日は平野神社の桃桜を撮りました。
フォトハウス表現塾HP


日記190317

_20190316_122614
中川繁夫のホームページ
たまに朝食を外食にすることがあります。
朝早くに集合をかけられたときに食べるのが、なか卯の卵焼き朝食です。
ひところ200円でしたが、現在は250円、ぼくの気持ちを満たすお気に入りです。
貧弱なお気に入りだと、自分で思うのですが、安くて食べられる魅力があります。
戦後の食糧難の時代の庶民の家庭に生まれているから、習性かも知れません。


日記190314

_20190314_143512
中川繁夫のホームページ
午後から街中へカメラを持って徘徊してきました。
浄福寺という南北の通りがあるんですが、浄福寺というお寺があるんです。
その前の通りを浄福寺通りと説明の余地がないほど明確な通り名です。
釘抜地蔵を起点に、上立売通から浄福寺通に、雨宝院に寄り道、撮影。
そこから南下して、今出川通りを越えて、浄福寺の境内に入って、南門から出る。
西陣京極の一条からの入り口があって、撮影目的の其処へ入りました。
半世紀前の面影はほとんど残っていませんが、飲み屋がけっこうあります。
千本中立売へ出てきて、南下しようかと思ったが、其処で撮影を打ち切りました。
北野天満宮へ寄って、梅を数枚、インスタにアップして、帰還しました。
やっぱり、撮影を続けて、現役を続けていかないと、人前に出られないですから。
いま、何をしているのか、何を撮っているのか、何をしようとしているのか。
それらを考えながら、現役を継続しているつもりです。
では、また。
京都のホームページ

日記190309

_20190309_142629
中川繁夫のホームページ
今日は北野天満宮から、かの有名な一条の戻り橋界隈を取材しました。
西陣織物会館では、西陣織の工程を掴みにいきました。
晴明神社を参拝して、といってもカメラを向けるだけでの参拝です。
あれやこれや、愛の物語を執筆していて、そのイメージを作っています。
戻り橋の北東角に桜の木があって、満開でした。
北野天満宮では梅を愛でてきたところで、桜はやっぱり煌びやかですね。
日本のイメージで、梅から桜に移行してきますが、現代人はやはり桜ですね。
あれやこれやで、あっけなく一日が過ぎたところです。
お休みなさい。
京都のホームページ

日記190306

_20190305_144459
中川繁夫のホームページ
夕方から雨になる予報だったのに三時過ぎからぽつぽつ雨が降ってきています。
午後から所用で、嵯峨美大へ行ってまいりました。
学生ホールでコーヒーの自販機でホットコーヒーを淹れて飲みました。
美大生だったお方は、ここの学舎で学んでおられたんだ、と思いますた。
なにか、思い出がいっぱいよみがえってきて、虚しい気持ちにもなりました。

自室で音楽をと思って開けたら、いま第九の第一楽章が聞こえてきています。
少し大きめのボリュームで、まだ夕方には時間があるので聴こうと思います。
なにをしていることか、文章を書き過ぎてか、頭が疲れてる、感じです。
癒さないといけないな、ああっ、って思うところです、ティンパニーの音が響きます。
写真は五番町界隈の民家ですが、それらしい造りですが、どうなんでしょうか。
京都のホームページ


ギャラリー
  • 日記190320
  • 日記190319
  • 日記190317
  • 日記190314
  • 日記190309
  • 日記190306
  • 日記190304
  • 日記190301
  • フォト日記-23-
  • 日記190222
  • フォト日記-22-
  • フォト日記-21-
  • フォト日記-20-
  • フォト日記-19-
  • 日本寫眞記(2)-9-
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ